早岐茶市

早岐では、安土桃山時代から「海の幸・山の幸」を持ち寄って物々交換をしてい
たことから、自然発生的に「市」が立つようになりました。明治に入り、輸出用のお茶が出回ると「茶市」と呼ばれるようになり、大正時代になると、田植え前の農閑期である5月の7・8・9のつく日に開かれるようになりました。「茶市ん風にあたるぎんた、そん年はかぜひかんとバイ」と、昔から言われています。5月の7・8・9は初市。17・18・19は中市。27・28・29は後市。そして6月の7・8・9は梅市と呼ばれにぎわいます。

場所:早岐2丁目
お問合せ:0956-38-1503 (早岐商工振興会)

話題をチェック!

  1. 2021-7-14

    七夕飾り

     広田地区自治協議会青少年部会では、7月7日の七夕の日を中心に、夏の星座の話や、七夕飾り・短冊作り…
  2. 2021-7-9

    警察官熱烈募集中

    早岐警察署から採用のお知らせです 令和3年8月2日(月)から8月13日(金)まで、長崎県警察…
  3. 2021-1-13

    令和3年 鬼火焚き

    明けましておめでとうございます。 皆様にとって、健やかで幸おおき一年となりますようお祈り申し…

アーカイブ

LINE@で受付

友だち追加
ページ上部へ戻る