殉国の碑

昭和三十七年二月、住吉神社外苑の小高い丘に殉国の霊碑が建設された。

建立発起人は早岐桜星会代表、執行不可止氏である。

日清、日露戦役から太平洋戦争に至る早岐地区戦没者の慰霊碑である。

慰霊祭は殉国の碑慰霊祭奉賛会、住吉神社氏子総代会、広田地区戦友会、遺族会早岐支部、ほか有志により行われてきたが、世代交代とともに次第に先細りの状況であった。

こうした事から、住吉神社総代会、及び奉賛会有志は早岐自治連に対して、慰霊祭施行を要請した。

自治連では種々討議の結果、自治会を主体とした実行委員会を組織して、慰霊祭を行うこととし、昭和五二年十一月から殉国の碑慰霊祭実行委員会の主催として、毎年十一月に神式に依る慰霊祭が続けられている。 

話題をチェック!

  1. 2023-7-12

    第7回「七夕会」

     7月1日(土)広田地区コミュニティーセンターで「七夕会」が開催されました。 幼児・小学生、…
  2. 2023-6-22

    令和5年度広田地区交流スポーツ大会

    広田地区自治協議会生涯学習部会では、広田地区交流スポーツ大会を4年ぶりに開催することになりました。…
  3. 広田子ども見守り隊が佐世保市長表彰いただきました

    2022-1-28

    佐世保市長賞をいただきました。

    「広田子ども見守り隊」皆様の日頃の活動が表彰されました。 『防犯ボランティア団体ネットワーク…

アーカイブ

LINE@で受付

友だち追加
ページ上部へ戻る