住吉神社の縁起

鎮座地 佐世保市広田町九〇番地  (彼杵郡広田村宮崎) 
祭 神 底筒男命  
    中筒男命 相殿座 嵯峨天皇 
    表筒男命 
例大祭 九月=十七・十八・十九日 

 本神社の縁起は古く、「日本書記」の時代にさかのぼり、社伝によれば、第十二代景行天皇(一六五〇年前)が日向の熊襲親征のため、九州に行幸されたとき、西海の針尾島を通られ、速来瀬戸の航海安全のため、上原の地に住吉大神を配祀され、降って、ここ広田の地に遷座された。 

 その後、平安時代初期の弘仁十四年(西記八二三年)第五十二代嵯峨天皇自ら手になる木像を相殿に奉斉して、本神社の基礎ができた。 

古くから、彼杵郡の宗廟とされ、大祭には郡内の浦々四十八ヶ村から御饌が奉納され、領主の参拝があった。当、速来地方が大村氏の支配から離れ、北方の平戸松浦氏の領地になると、この手厚い保護と崇敬をうけることになり、文録元年(一五九二)初代藩主松浦法印鎮信公は、文禄の役出征にあたり、その安全を祈願して、陣太鼓ほかの武具を奉納した。その後も第十代藩主観中照公は扁額を、第十一代藩主諦乗曜公は絵馬を奉納するなど、江戸時代を通じて、藩の別段崇敬社としての社格をもった。 

この間、社名も住吉大明神から住吉宮に、さらに維新後の明治七年(一八七四)に住吉神社となり、同時に郷社に列されて現在にいたっている。 

 本神社の御祭神である。三柱の筒男命は、住吉三神とも称され、綿津見三神や、宗像三女神とともに三大海神とされ、航海安全・海上平安や、寿福慶賀・農耕豊作をかなえる海神として、西日本一帯で信仰されてきた。美しい自然と、海、山の幸にめぐまれる当地方でも古くから住吉信仰がさかんで、本神社は、その中心的な神社として、一千余年の歴史を歩んできた。 

皇記二千六百四十九年 平成元年一月吉日 

話題をチェック!

  1. 2021-7-14

    七夕飾り

     広田地区自治協議会青少年部会では、7月7日の七夕の日を中心に、夏の星座の話や、七夕飾り・短冊作り…
  2. 2021-7-9

    警察官熱烈募集中

    早岐警察署から採用のお知らせです 令和3年8月2日(月)から8月13日(金)まで、長崎県警察…
  3. 2021-1-13

    令和3年 鬼火焚き

    明けましておめでとうございます。 皆様にとって、健やかで幸おおき一年となりますようお祈り申し…

アーカイブ

LINE@で受付

友だち追加
ページ上部へ戻る