鳶の巣城跡

 重尾町と浦川内町の山境陵線の小丘に城跡がある。 
天正十四年(一五八六年)大村純忠が兵を起こして広田城を攻撃するために築いた大村軍の出城であったといわれている。 

 第一回目の攻撃の時は大村軍は敗走した。重尾町の県道側の山裾に二基の墓がある。戦死した大村軍の将士の墓だろうといわれている。此の城も、大村、或いは松浦の出城ではなかったかといわれている。昭和十年頃、天正十四年、大村純忠の陣所の跡と記した木碑が建てられていた。 

早岐郷土史概説より

話題をチェック!

  1. 2021-7-14

    七夕飾り

     広田地区自治協議会青少年部会では、7月7日の七夕の日を中心に、夏の星座の話や、七夕飾り・短冊作り…
  2. 2021-7-9

    警察官熱烈募集中

    早岐警察署から採用のお知らせです 令和3年8月2日(月)から8月13日(金)まで、長崎県警察…
  3. 2021-1-13

    令和3年 鬼火焚き

    明けましておめでとうございます。 皆様にとって、健やかで幸おおき一年となりますようお祈り申し…

アーカイブ

LINE@で受付

友だち追加
ページ上部へ戻る